Vegan Coconut Curry

⏬Japanese/English recipes

Curry

私にとってカレーは好きな食べ物、家族みんなでシェアできるもの、無限にアレンジの効くもの、食欲がない時でも食べれるもの、そしてプラントベースの料理で一番美味しいもの。

我が家では野菜カレーのベースを作っておいて、お肉やシーフードは食べる人だけあと混ぜ式。こういう応用が効くところも好きです。

今まで作ったカレーの中で、このかぼちゃとさつまいものカレーは1、2位を争う美味しさ。Down to Earth(Netflixドキュメンタリー)に出てきたカレーを、材料を簡単にアレンジして作ってみました。野菜の甘味でとがったカレー粉が丸くマイルドに。子供も大好きな味です。

Ayurveda

アーユルヴェーダでは、「かぼっちゃは消化がよく、胃にも優しい素材。肌のツヤを良くすると同時に心臓や肝臓を強くして視力を改善させるとされています。スパイスと一緒に使うと風味だけでなく、ドーシャ(体内エネルギー)のバランスが良くなります」と書かれています。

痺れる辛さの青唐辛子は大人の分だけ。家族みんなで食べる場合は、青唐辛子は抜いて後から追加してください。

You are what you eat

このカレーのヒントになったNetflixドキュメンタリーのDown to Earthの話。

ザック・エフロンと、ウェルネスエキスパートのダリン・オリエンの2人がナビゲートしていく番組で、第一話はアイスランドのジオサーマルエナジープラントが舞台。クリーンエナジーとして注目されている、地熱エネルギーの話から始まります。そこから、地球環境、エコシステム、オーガニック野菜、スーパーフード、ヴィーガン(ダリン・オリエンはヴィーガン)など、これから私たちがこの地球を守っていくため、ひとりひとりが健康に生きていくために学ぶべきものが満載です。是非子たち供にも見て欲しい内容。

私はすっかりダリンに感化されてしまって、現在彼が執筆した本『SUPERLIFE』を読んでいるところです。

『You are what you eat』がまさに体現されている本。この本についてはまた改めて書きたいと思っています。

Vegan Coconut Curry

野菜の美味しさが詰まったプラントベースカレー
Prep Time 25 mins
Cook Time 20 mins
Total Time 45 mins
Course Main Course
Cuisine Indian
Servings 4 人

Ingredients
  

オーブンロースト

  • 1/4 かぼちゃ 2cm角切り
  • 1 さつまいも 2cm角切り
  • 大さじ 1 1/2 カレー粉
  • 大さじ 1 精製ココナッツオイル
  • ひとつまみ

煮込み

  • 小さじ 1/2 クミンシード
  • 小さじ 1/4 カルダモンホール つぶして中身のシードを出す
  • 1 シナモンスティック 半分に折る
  • 半分 赤玉ねぎ みじん切り
  • かけ にんにく みじん切り
  • 1 青唐辛子 スライス
  • 400 ml ココナッツミルク
  • 適量
  • 適量 精製ココナッツオイル

Instructions
 

オーブンロースト

  • オーブンを180°に余熱しておく
  • ベーキングトレイにオーブンペーパーを敷き、角切りしたかぼちゃとさつまいもを並べる。カレー粉、ココナッツオイル、塩をふりかけ、全体にいきわたるように混ぜ合わせる。
  • 180度に余熱したオーブンで約20分、やわらかくなるまでローストする。

煮込み

  • 鍋にココナッツオイルを熱し、クミンシード、カルダモンシード、シナモンスティックを香りが出るまで炒める。玉ねぎ、にんにく、青唐辛子を加え、玉ねぎが透明になるまで炒める。ココナッツミルクを加え、ひと煮立ちさせる。
  • ローストしたかぼちゃとさつまいもを加え、時々混ぜながら5分煮る。塩で味を整える

Notes

・葉野菜は最後に加える
・家族みんなで食べる時は、青唐辛子は大人の分だけ後から追加してください
・残った青唐辛子はピクルスにしておくと色々使えて便利

Vegan Coconut Curry

The perfect blend of flavors
Prep Time 25 mins
Cook Time 20 mins
Total Time 45 mins
Course Main Course
Cuisine Indian
Servings 4 people

Ingredients
  

Oven Roast

  • 2 cups Kabocha Squash ,cut into 2cm cubes
  • 2 cups Sweet potato ,cut into 2cm cubes
  • 1 1/2 tbsp Curry powder
  • 1 tbsp Refined coconut oil
  • Pinch of Salt

Stew in Pan

  • 1/2 tsp Cumin seeds
  • 1/4 tsp Cardamon seeds
  • 1 Whole cinnamon stick ,break into half
  • Half a Red onion ,roughly chopped
  • 2 cloves Garlic ,finely chopped
  • 1 Green chili ,sliced
  • 400 ml Full fat coconut milk
  • Salt to taste
  • Good amount of Refined coconut oil

Instructions
 

Oven Roast

  • Preheat oven at 180°
  • In a baking tray, place Kabocha squash and sweet potato. Greece them with a drizzle of refined coconut oil, curry powder and salt.
  • Roast in the oven for 20 minutes until soft. Once ready, leave aside.

Stew in Pan

  • Heat coconut oil in a heavy-based pan over medium heat. Add cumin seeds, cardamon seeds and whole cinnamon stick, cook for 30 seconds until aromatic. Add red onion, garlic and green chili, cook for another 5 minutes until onion becomes transparent. Add coconut milk, simmer for 5 minutes.
  • Add roasted Kabocha squash and sweet potato, simmer for 5 more minutes stirring constantly. Add good amount of salt to taste.

Notes

・If you’d like to mix up greens, add at the end.

Strawberry jam〜いちごジャム〜

いちご。

シーズンもそろそろ終わりですね。

毎年6月に入ると、父がジャム用にその年最後のいちごを送ってくれます。箱いっぱいのいちごが3箱。約6kgです。

また今年も苺しごとが始まりました。

DSC_0662-2

これで4.1kg。

去年Wiliams Sonomaで買ったKILNERの特大ステンレスジャム鍋が大活躍!

銅なべが欲しかったけど、やっぱり大きいサイズはお値段が張りすぎて手が出ませんでした…

DSC_0674

このお鍋は容量8L。いちご5kgは一度に入りそう。

だけど、煮やすくするため、少し少なめの量で。

DSC_0667-2

いちごジャム

材料:

(450ml瓶2つ分くらい)

いちご 1kg

グラニュー糖 350g

レモン果汁 大さじ2

*お砂糖はいちごの重さの35%

道具:

大きめの鋳物、ステンレス or 銅なべ

木べら

アク取り用ボウル

アク取り用レードル

煮沸した保存瓶(真空保存できるものがおすすめ)

煮沸したステンレスレードル

作り方:

❶いちごは洗ってヘタを取り、大きいものは半分に切り、お鍋に移す。

❷グラニュー糖を振りまぶし、水分が出てくるまで1,2時間置く。

❸お鍋を強火にかける。水を張ったアク取り用ボウルとレードルを準備。絶えずアクが出るので、時々木べらで鍋肌からグルっと混ぜては、アクを取り続ける。

Q.アクはいつまで取るの?完全に出なくなるまで取ります。完全に取りきることで、えぐみのない、クリアなジャムに仕上がります。

❹アクが出なくなったら、レモン汁を加えて5分煮立て、とろりとしてきたら出来上がり。

❺ジャムが熱いうちに、清潔な保存瓶に詰める。

❻蓋をして逆さまに置いて冷ます。

Q.逆さまにするのはなぜ? 高温状態で逆さまにすることで、雑菌の付きやすい蓋や瓶の口を熱で消毒することができます。また、高温で膨張していた空気が冷めるとき収縮して、瓶の蓋を吸引します。小さい瓶だと、これだけで真空完了。

***ジャムといえばコトコト煮るイメージがあるけれど、私は強火でさっと煮て、粒を残して色好く仕上げるのが好き。香りも失われません。

真空保存(脱気)の仕方:

お鍋に瓶を並べて、瓶の肩まで浸かるくらいの水を張る。蓋の少し下あたりまで。

水から火にかけ、沸騰したら、そのまま5分ほどおく。瓶ごと完全に熱くなったら、逆さまに置いて冷ます。冷めた時、真空瓶の蓋が凹んでいたら真空完了。

***我が家のジャムは糖度35%と低糖度。保存度が低いので、瓶を真空にした後、更に冷凍保存しています。

食べる時は、自然解凍で。

DSC_0680-5

ピンクペッパーを使って”いちごペッパージャム”も作ってみました。

DSC_0756

糖度が低く、つぶを残しているので、さらっとしたコンポートのようなジャムです。フレッシュな香りも残っています。

ジャムとして食べるのはもちろんのこと、炭酸水で割っていちごソーダ、牛乳と混ぜていちご牛乳、ココナッツミルクと混ぜていちごミルク、お水で割ってゼリー、ジャムマフィン、ジャムパイなど色々なお菓子に使えます。

DSC_0629-7

ジャム作りの前に、フレッシュないちごと冷凍マンゴーでガレットも焼きました。

クラストは、そば粉50gとスペルト粉100gのミックス。そば粉は、とっても風味が良くて、ブルターニュの薄焼きガレットのように、食事系ガレットでもすごく美味しそう。

レシピは、”いちごとルバーブのガレット”と同じです。(マンゴーが甘いので、フィリングに使うお砂糖は少なめで)

 

さて、苺しごとが終わったら、梅しごとです。

 

ではまた、

LOVE,

 

 

 

 

Toufa -Soy milk pudding-(English recipe)

Toufa

Ingredients:

5g Agar agar (2g Japanese agar)

1 tbsp Tapioca starch (or Corn starch)

150ml Water

350ml Full fat soy milk

Instructions :

❶ In a pan, mix agar and tapioca starch. Weigh out 2 tbsp of water and dissolve the mixture. Add the rest of water, stir well.

❷ In a separate small pan, simmer soy milk.

❸ Simmer agar mixture till gets thicken and transparent.

❹ Add hot soy milk into agar mixture. Keep stirring not to make lumps. Simmer for a minute more.

❺ Pour into bowl when it’s still hot. Let it cool and put it in a fridge.

❻ Top with fruits and syrup when you serve.

Syrup

50g Brown sugar

200ml Water

❶ In a small pan, simmer water and sugar till it dissolve.

❷ Put it in a clean jar. Let it cool and store in a fridge.