Strawberry jam〜いちごジャム〜

いちご。

シーズンもそろそろ終わりですね。

毎年6月に入ると、父がジャム用にその年最後のいちごを送ってくれます。箱いっぱいのいちごが3箱。約6kgです。

また今年も苺しごとが始まりました。

DSC_0662-2

これで4.1kg。

去年Wiliams Sonomaで買ったKILNERの特大ステンレスジャム鍋が大活躍!

銅なべが欲しかったけど、やっぱり大きいサイズはお値段が張りすぎて手が出ませんでした…

DSC_0674

このお鍋は容量8L。いちご5kgは一度に入りそう。

だけど、煮やすくするため、少し少なめの量で。

DSC_0667-2

いちごジャム

材料:

(450ml瓶2つ分くらい)

いちご 1kg

グラニュー糖 350g

レモン果汁 大さじ2

*お砂糖はいちごの重さの35%

道具:

大きめの鋳物、ステンレス or 銅なべ

木べら

アク取り用ボウル

アク取り用レードル

煮沸した保存瓶(真空保存できるものがおすすめ)

煮沸したステンレスレードル

作り方:

❶いちごは洗ってヘタを取り、大きいものは半分に切り、お鍋に移す。

❷グラニュー糖を振りまぶし、水分が出てくるまで1,2時間置く。

❸お鍋を強火にかける。水を張ったアク取り用ボウルとレードルを準備。絶えずアクが出るので、時々木べらで鍋肌からグルっと混ぜては、アクを取り続ける。

Q.アクはいつまで取るの?完全に出なくなるまで取ります。完全に取りきることで、えぐみのない、クリアなジャムに仕上がります。

❹アクが出なくなったら、レモン汁を加えて5分煮立て、とろりとしてきたら出来上がり。

❺ジャムが熱いうちに、清潔な保存瓶に詰める。

❻蓋をして逆さまに置いて冷ます。

Q.逆さまにするのはなぜ? 高温状態で逆さまにすることで、雑菌の付きやすい蓋や瓶の口を熱で消毒することができます。また、高温で膨張していた空気が冷めるとき収縮して、瓶の蓋を吸引します。小さい瓶だと、これだけで真空完了。

***ジャムといえばコトコト煮るイメージがあるけれど、私は強火でさっと煮て、粒を残して色好く仕上げるのが好き。香りも失われません。

真空保存(脱気)の仕方:

お鍋に瓶を並べて、瓶の肩まで浸かるくらいの水を張る。蓋の少し下あたりまで。

水から火にかけ、沸騰したら、そのまま5分ほどおく。瓶ごと完全に熱くなったら、逆さまに置いて冷ます。冷めた時、真空瓶の蓋が凹んでいたら真空完了。

***我が家のジャムは糖度35%と低糖度。保存度が低いので、瓶を真空にした後、更に冷凍保存しています。

食べる時は、自然解凍で。

DSC_0680-5

ピンクペッパーを使って”いちごペッパージャム”も作ってみました。

DSC_0756

糖度が低く、つぶを残しているので、さらっとしたコンポートのようなジャムです。フレッシュな香りも残っています。

ジャムとして食べるのはもちろんのこと、炭酸水で割っていちごソーダ、牛乳と混ぜていちご牛乳、ココナッツミルクと混ぜていちごミルク、お水で割ってゼリー、ジャムマフィン、ジャムパイなど色々なお菓子に使えます。

DSC_0629-7

ジャム作りの前に、フレッシュないちごと冷凍マンゴーでガレットも焼きました。

クラストは、そば粉50gとスペルト粉100gのミックス。そば粉は、とっても風味が良くて、ブルターニュの薄焼きガレットのように、食事系ガレットでもすごく美味しそう。

レシピは、”いちごとルバーブのガレット”と同じです。(マンゴーが甘いので、フィリングに使うお砂糖は少なめで)

 

さて、苺しごとが終わったら、梅しごとです。

 

ではまた、

LOVE,

 

 

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中