i love toufa 〜台北と豆花〜

豆花(トウファ)

アジアのデザートの中で一番好きな一品。

まだ独身のころ、頻繁に香港に行っては、当時大人気だったスイートダイナスティ(糖朝、今は日本にも進出してますね)で、米びつみたいなものに入った巨大な豆花を食べていたなぁ。ちなみにジャッキーチェンも通っていたお店ですw

しかし、家族で台湾に行くと、豆花専門店にはなかなか入れない。夫も息子も豆乳が苦手だから。食事としてのお豆腐はok。でもデザートとしては絶対にパスなようで。やっぱり台湾は女子旅に限ります。

圧巻の豆花。

台湾では豆花は食用石膏(なんだか怖い…)で固めるようですが、台湾人の友人から、家でもアガーか寒天で簡単に作れると聞いて、若山曜子さんの本を参考に作ってみました。

台湾っぽい具材がなかったので、ちょうどおやつ用に買っていたベリー類で。

かなり柔らかめのテクスチャーで、タピオカスターチも入っていてトロッとしています。この暑い時期にはさっぱり、そして喉越し最高!

豆花(トウファ) 

20cmのボウル一杯分

材料:

粉末寒天 2g

タピオカスターチ 大さじ1

水 150ml

豆乳(無調整のもの)350ml

作り方:

❶ お鍋に、寒天とタピオカスターチを入れ混ぜる。そこに分量の水から大さじ2を入れ、混ぜ合わせる。ゴムベラで混ぜながら残りの水も少しずつ加える。

❷ 耐熱容器に豆乳を入れ、レンジで1分半ほど加熱する。

❸ ❶を弱火にかけ、とろみがついてふつふつとしてくるまで加熱する。ここで温めた豆乳を少しずつ加えながらダマにならないように混ぜ、沸騰寸前まで温める。

❹ 熱いうちにボウルに入れ、冷めてから冷蔵庫へ。

*ココナッツミルクや牛乳でも作れます。

シロップ 

材料:

てんさい糖(またはきび砂糖)50g

水 200ml

作り方:

❶ 小鍋に砂糖と水を入れ、中火にかける。砂糖が完全に溶けたら火からおろし、冷めたら保存瓶に入れ冷蔵庫へ。

***私のレシピによく出てくるタピオカスターチ(タピオカ粉)は、米粉や小麦粉と一緒に大袋で買っています。米粉のお菓子には、ベチャっとしたり、冷めた後ゴムボールみたいな質感にならない様に、米粉/アーモンド粉/タピオカ粉を3点セットで使用。ポンデケージョにも使います。

ローカロリーで、植物性たんぱく質も豊富なデザート。

果物、茹であずき、茹でたナッツ、烏龍茶ゼリー、タピオカなど好きなものをトッピングして、減量期でも食べられそう。

台北では昔ながらのお菓子の他にコーヒーブームも到来していて、いたる所におしゃれなカフェやロースターができていました。

でもやっぱり、ローカルなマーケットが好き。

夫は朝食にアジア系のご飯が食べられない人なので、ホテルでモダンなバフェを済ませ、マーケットへ。色んなフルーツを食べながら歩きます。

今は消毒液なしではものに触れることさえ躊躇する世の中。マーケットで食べ歩きできる日なんて戻ってくるのかな?

こんな風になってみて、色々なことを振り返ってみて、些細なこと、考えもしなかったことが本当にありがたく思えます。

そして魅惑の夜の九份。

「千と千尋の神隠し」のモデルになった、とも言われているところ。

ここはウィークエンドマーケットが立つ四四南村。

レトロで可愛いんです。

奥には、台北101が見えています。

新旧が交錯する台北、とても面白い。

ここと、赤峰街、富錦街はお気に入りの街です。

台北101展望台からの夜景。

また訪れられる日はいつになるやら…

今年は旅行は封印ですね。

それでは、

Love,

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中