Grandma’s Steamed Buns 〜おばあちゃんの蒸しパン〜

蒸しパン。

私の子供時代=蒸しパン と言えるくらい思い出深いお菓子です。

食のルーツである祖母が、私が学校から帰宅する時間に合わせて蒸しあげてくれていたモチモチの蒸しパン。プレーンとさつまいもが一番好きだったなぁ。

そんな我が家のDNAを息子が受け継いだのか、おやつは和菓子一辺倒です。チョコや生クリームは苦手で、お餅とあんこ、おまんじゅう、ねりきりが大好き。

少し前に息子が歯科矯正を始めて、先生から器具にくっつくお餅類は控えて欲しいと言われたので、歯にくっつきにくいおやつを作ってあげようと思い、また蒸しパン作りに熱が入ってしまいました。

DSC_6070-2-5

蒸しパンの粉の分量や作り方はお菓子研究家さんによって様々。色んな作り方を一通り試してみた結果、生地をいったん寝かせる方法が一番好きな食感に仕上がりました。

うちの近所には有名な蒸しパン屋さんがあります。本も出版されていて、米粉で作る蒸しパンと、小麦粉で作る蒸しパンが載っています。このお店の特徴は、水で作る蒸しパン。オイルも一切使っていません。

お店で米粉の話になって、私が「自分で作ると、蒸し立てはいいけど、時間が経つと美味しくない」と言うと、オーナーさんも「だからお店では米粉と小麦粉をブレンドして作っています。米粉だけで作った蒸しパンは冷えるとゴムボールみたいになって食べられません!」と言われていました。米粉と小麦粉の比率を知りたかったけど、企業秘密だそうです(笑)

私の蒸しパンは、水でも作れるけど、豆乳で作るのが好き。オイルも少し入っています。この材料と方法だと、翌日までもっちりが続きます。

DSC_9332-7

白はプレーン。緑はほうれん草。

DSC_9339-3

【プレーン蒸しパン】 準備:10分 寝かせ:30分〜 蒸し:12分

材料: 直径7.5cm 高さ4.5cmのカップ4個分

*米粉(ミズホチカラを使っています)90g

*タピオカ粉(なければコーンスターチで代用) 10g

*てんさい糖(つぶ状のものではなくサラサラの溶けやすいもの)20g

*塩 軽くひとつまみ

無調整豆乳 110g

太白ごま油 20g(または好みの植物油。ココナッツオイルを使う場合は精製(無臭)のもの)

ベーキングパウダー 小さじ1

*あんこを入れる場合は、25gのあんこをボール状にしてカップ分準備しておく。

作り方:

❶ ボウルに*印の粉類を入れ、ホイッパーで混ぜておく。

❷ 別のボウルに豆乳と太白ごま油を入れ、よく混ぜて乳化させる。

❸ 粉に❷を入れ、なめらかになるまでホイッパーでぐるぐる混ぜる。

*普通の蒸しパン生地よりもサラサラで水っぽいけど大丈夫。

*米粉にはグルテンが含まれていないので、ホイッパーでぐるぐる混ぜでも仕上がりに影響はありません。

❹ ボウルにラップをして冷蔵庫で生地を30分寝かせる。(時間があれは一晩寝かしてもok)

*生地を寝かせることで、米粉が水分をしっかり吸収してとろみがついています。

*スパチュラで生地を引っ掻くと一本の線がスッと消えるくらいのとろみがちょうど良い。

❺ ベーキングパウダーを加え完全に混ざり合うまで素早くしっかり混ぜる。

❻ カップに流し、湯気のたった蒸篭で強火で12分蒸す。

*ベーキングパウダーを入れるともこもこと細かく発泡してきます。この時の生地は、リボン状に流れ落ち、跡がゆっくり消えるくらい。粉の吸収率によって生地のかたさが違ってくるので、かたければ豆乳を足す。

DSC_9347-4

【ほうれん草蒸しパン】 準備:10分 寝かせ:30分〜 蒸し:12分

材料: 直径7.5cm 高さ4.5cmのカップ4個分

*米粉(ミズホチカラを使っています)90g

*タピオカ粉(なければコーンスターチで代用) 10g

*有機ほうれん草パウダー 5g

*てんさい糖(つぶ状のものではなくサラサラの溶けやすいもの)20g

*塩 かるくひとつまみ

無調整豆乳 115g

太白ごま油 20g(または好みの植物油。ココナッツオイルを使う場合は精製(無臭)のもの)

ベーキングパウダー 小さじ1

作り方:

❶ ボウルに*印の粉類を入れ、ホイッパーで混ぜておく。

❷ 別のボウルに豆乳と太白ごま油を入れ、よく混ぜて乳化させる。

❸ 粉に❷を入れ、なめらかになるまでホイッパーでぐるぐる混ぜる。

*普通の蒸しパン生地よりもサラサラで水っぽいけど大丈夫。

*米粉にはグルテンが含まれていないので、ホイッパーでぐるぐる混ぜでも仕上がりに影響はありません。

❹ ボウルにラップをして冷蔵庫で生地を30分寝かせる。(時間があれば一晩寝かしてもok)

*生地を寝かせることで、米粉が水分をしっかり吸収してとろみがついています。

*スパチュラで生地を引っ掻くと一本の線がスッと消えるくらいのとろみがちょうど良い。

❺ ベーキングパウダーを加え完全に混ざり合うまで素早くしっかり混ぜる。

❻ カップに流し、湯気のたった蒸篭で強火で12分蒸す。

*ベーキングパウダーを入れるともこもこと細かく発泡してきます。この時の生地は、リボン状に流れ落ち、跡がゆっくり消えるくらい。粉の吸収率によって生地のかたさが違ってくるので、かたければ豆乳を足す。

出来上がったらまだ温かいうちにケーキドームに入れてしまいます。そうするとしっとり感持続♪

DSC_9321-4

お友達のゆうたくんが、おばあちゃんに蒸しパンを作ってあげたいということで、おばあちゃん好みのもちもち感と喉越し感を想像しながらレシピを見直しました。

おばあちゃん、気に入ってくれたら嬉しいな。

 

それでは、

 

Serve! and Love,

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中