レシピ本とブックシェルフ

レシピ本。

趣味は?と聞かれたら、旅行とカメラと筋トレと、、、レシピ本収集です。と答えなければならないくらいレシピ本があることに最近気がつきました。

夫から「本が多すぎない?」と指摘され、いやそんなにないと思うよ〜と数えてみたら300冊以上あった!!

よく考えると、結婚して料理をするようになる前からレシピ本を収集していたんだな〜。海外旅行に行くと、必ず本屋さんに立ち寄ってレシピ本、空港でもレシピ本。友達のお土産リクエストも、夫の出張のお土産リクエストもレシピ本。Amazonでもレシピ本。蔦屋書店でもレシピ本。たまっていくはずだ・・・

しばらくレシピ本を買っていない時期があったけど、去年の大会前の減量末期、みんなが大会の日に合わせて食べたいものを続々とお取り寄せする中、私はひたすらレシピ本をポチり続けた。食べたい欲より、作りたい欲が爆発していたのです。

先日貝印さんのインタビューを受けた時に、どんなレシピ本を買いますか?と質問を受けました。海外のも買うし、日本のも買うけど、目的が2つあって、海外で買うものはアートブックとして、日本で買うものは今日のご飯の実用書として買うことが多いです。

IMG_1665.jpg

もちろん海外のレシピで色々作ってみたりするけど、お菓子・パン本以外は写真を見れば作り方は大体の想像がつくレシピが多く、どちらかというと、盛り付けやプレゼンテーションの方が勉強になります。

そんな大量の本を整理するために、グリッドシェルフを買いました。上段はコーヒーのもの。下段は本棚として、日本の薄いレシピ本なら150冊は入ります!うちの決して広くはないダイニングスペースを邪魔しない、薄型横長シェルフ。

DSC_9081.jpg

家具は全部オークで揃えていたけど、これはチェリー。節の入り方も綺麗。

まだ息子が起きてこないうちにここに座ってゆっくりコーヒーを飲む時間が好きです♪

DSC_9071.jpg

前にインスタグラムでもレシピ本の話をした時、おすすめの本はと聞かれて、ストーリーで紹介すると言いながら、まだでした。

IMG_1661.jpg

最近買った本の中からは2冊。

・ル・マンジュ・トゥー 谷昂シェフのビストロ流ベーシックレシピ

・パリ在住料理人が教える、フライパンでできる本格フレンチレシピ

プロのシェフの本は間違いないと思います。ただ、時間がかかります。”時短レシピ、簡単レシピ”といのはまずなくて、ボロネーゼソースを作るなら2時間は火の前から離れられないくらい手がかかるけど、このレシピで作ったボロネーゼは10歳の子供でも明らかに違いがわかります!我が家は一度にたくさん作ってストック。

もう一つは、えもじょわさんの本。普通にスーパーで売っている食材で作れるし、各工程の詳しい写真付きで、食材の扱い方まで書いてある、とてもわかりやすい本です。もちろんすごく美味しい!

随分前に買って、もうかなり日焼けしているけど、辞書のように使える2冊。

・PASTA

・ソースブック

IMG_1666.jpg

お菓子は、これ!というのはなかなか決められないけど、グルテンフリーレシピは色々と試しています。材料、分量、混ぜる順番など色々変えてみて、少しずつ自分好みに調整。

最近はクッキーブームが到来していて、「小嶋ルミのおいしいクッキーの混ぜ方」と、えん93さんの「世にも可愛い🖤クッキー感レシピ」は大好きでした。えんさんのクッキーは食べるのが勿体無いほど可愛い!

私は手先が器用ではないので、ナッペとか絞りとか、デコレーションのないラスティックなお菓子の方が性に合っていると思います。家族の中で誰一人生クリームを食べないのもあるかな。

息子が大好きな和菓子は色々と作れるようになりたいと思っています。

それでは。

 

Love,

 

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中