Sakura is in season

DSC_2434-1-2

桜のお雑煮作りました。

季節外れ?

皆さんにとっては季節外れかも…でも私の実家は、お雑煮もお汁粉もきな粉餅も思い出したら年中食べる家でした(笑)

それにしてもやけにシンプルなお雑煮でしょう?お出汁は定番の”あご(トビウオ)”。具材は、お餅、かつお菜、かまぼこ、桜の塩漬けのみです。

中でも、かつお菜は必須!この葉っぱ九州のローカルなアブラナ科の野菜で、高菜の親戚。鰹にも負けないほど風味に富むのでかつお菜と呼ばれています。「勝男菜」(今のご時世「勝女菜」でもいいよね)とも書いて縁起物とされていて、お雑煮には欠かせない具材なんです。

そんなかつお菜を先日近所のスーパーの産直コーナーで見つけて衝動買い!東京で見かけたのは初めてです。これには息子も大興奮で、帰って早速お雑煮にしました。

DSC_2402-1-2

もはや九州人にとってかつお菜無しのお雑煮はお雑煮ではない!

それくらい重要な役割です。

ふんわり桜が香って春らしい美味しさ。これは我が家の新定番になりそう♪

DSC_2304-1

桜の塩漬けを使って、桜ごはんも作ってみました。お米も父の手作りです。

椹(さわら)のおひつに移すと、さらに甘みと香り、もっちり感もUP。これがもう美味しくて!去年からおひつ生活を始めましたが、お米本来の美味しさを最大限に引き出してくれるので、冷やご飯が大好きになりました。

ちなみに、冷やご飯はお腹に優しいって知ってますか?

ご飯が冷えると澱粉が再結晶化されて小腸では消化されにくい構造に変わるそう。この「レジスタントスターチ」は大腸まで届いて食物繊維と同じ働きをしてくれるのだとか。温かいご飯よりもGI値が低いことはよく耳にするけど、整腸作用もあるなんて、これにはびっくり。

血糖値が上がりにくく、生活習慣病予防になる。そしてお腹にも優しいなんて優秀!

桜ごはんは家族にも人気だったので、今度はおにぎりにしよう。

それにしても、いいお天気ですね〜。一日の半分は運転か、”待ち”で過ごす日々ですが、春って本当に気持ちいい!一人の時は熱唱しながら運転してます(笑)

それでは、また次回。

Love xxx

 

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中