The power of chia seeds

DSC_1699-1.jpg

チアシード。

最初に手にしたのは、4年くらい前。

夫が職場のカナダ人の同僚からお土産をもらって来たのが最初でした。確か、チア、オーツ、アーモンド、ココナッツなどが一緒に入っていて、グラノーラ的なものだったような…最初中身を見たときは「何だ?この鳥の餌…」と思った記憶があります(笑)

そんな未知のスーパーフードも今では毎日の食生活に定着していて、ほぼ毎朝食べるようになりました。私は朝一番から食欲がある方ではないので、コーヒーとチアプディングにフルーツとか、野菜、フルーツ、チアぶっ込みスムージとか。

チアには、オメガ3脂肪酸(αリノレン酸)が豊富に含まれていて、動脈硬化や血栓を防ぎ、血圧を下げるほか、LDLコレステロールを減らすなど、さまざまな作用があります。他にも、抗酸化作用、整腸作用、筋肉の維持、冷え性対策など本当に万能選手。

チアに含まれるαリノレン酸は酵素と一緒に摂取すると体に吸収されやすいので、チアプリン+酵素を多く含むフルーツとか、酵素豊富な野菜+チアと亜麻仁油のドレッシングはより効果的。

チアドレッシングはとろみがついて”食べるドレッシング”になるので、お弁当にも液だれせずに便利です。

DSC_0345-1-2.jpg

餡子が大好きな息子のために作った、抹茶チアプリン。抹茶のほろ苦さと小豆の甘さが程よくて、あんこが苦手な私も好きでした。

フラワーソルトでちょっと塩気も効かせて。

DSC_5088-1.jpg

ビルベリー、ココナッツ、無花果のチアプディング。ライムゼストを散らして。

DSC_1658-1.jpg

作り方は簡単。

ミルク(牛乳、植物性ミルク)1cup(200cc)に対して、チアは大さじ4杯程度。ココナッツミルクはがっちり固まりやすいので、大さじ3に減らします。

甘みはオーガニックのアップルシロップ。1cupに対して大さじ1〜お好みで。メイプルシロップでも良いけれど、味が強かったり、アガベはGI値は低いけれど、その他の部分で賛否両論なので使うのを控えています。アップルシロップは優しい甘さで味も邪魔しません。

これに好みのパウダーを加えて、密封ジャーでフリフリするだけ。前の晩に準備して冷蔵庫に入れておけば朝すぐに食べられます。

写真の赤いパウダーは”リンゴンベリー”。ピンクは”フランボワーズ”。フルーツと合わせると美味しいですよ。

みなさんもチア生活始めてみては?

それでは、また次回。

Love xxx

 

抹茶チアプディング

Ingredients:

アーモンドミルク 1cup

チアシード 大さじ3

アップルシロップ 大さじ1

抹茶パウダー 小さじ2

つぶあん 適量

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中