Basil & beets hummus          

DSC_4838-1-3

フムス。

ちょっと変わった名前ですよね。現地では「ハンムス」に近い音。アラビア語で「ひよこ豆」のことです。フムスは夫の国モロッコでは国民食みたいなもの。北アフリカから中東まで広い地域で食べられています。

私が帰国した頃はみんな「え?フムス?何それ?」という反応でしたが、今では至る所で食べられるようになりましたよね。我が家でも貴重な植物性たんぱく源として、ピタパン、トルティーヤ、バゲットにぬるスプレッドとして、サラダに添えるソース代わりとして、よく作っています。

何をブレンドしても美味しく仕上がるのですが、私のフムスはちょっと変わっています。そのレシピは偶然にも失敗から生まれました。フムスは「タヒニ」という白ごまペーストを使うのですが、その日はストックがなかったので、日本の白ごまペーストを使ったつもりでした。生ごまから作られたタヒニの色は白っぽく、煎りごまで作られたごまペーストはちょっと茶色がかっていて、ピーナッツペーストとよく似ています。

そう、白ごまペーストだと思って加えたのは実はピーナッツペーストだったんです。だけどそれが思いの外美味しくて!そこで思いついたのがこのレシピ。風味付けのために、ひよこ豆の味を損ねないくらいのピーナッツペーストを加えて作るようになりました。よりナッティにするためにレモンは加えません。

写真の三食のフムスは、まずはベースを作って、3つに分け、バジルと茹でたビーツを加えたもの。どんな食材でもほど良くまとまるのがフムスマジック。

”基本のフムス”

Ingredients:

乾燥ひよこ豆 180g (一晩水に浸したあと、10分ほど茹でたもの)または、水煮缶 400g

タヒニ 大さじ2

無塩、無糖ピーナッツペースト 大さじ1

にんにく 1/2片

オリーブオイル 大さじ3

ひよこ豆の茹で汁 1/2cup

塩 少々

Garnish (飾り):

オリーブオイル

クミン

スモークパプリカ

カイエンペッパー などお好みで

Instructions:

1.ブレンダーに刻んだにんにく、ひよこ豆、オリーブオイル、タヒニ、ピーナッツペースト、塩、茹で汁の半量を入れて滑らかになるまで攪拌する。好みのテクスチャーになるまで、茹で汁を足しながら更に攪拌。

2.器に盛り、スプーンなどで溝をつけ、オリーブオイルを垂らす。お好みで、クミン、スモークパプリカ、カイエンペッパーを散らして、彩りにミントやバジルを添える。

IMG_0599

IMG_0595
@yutaokashi くんが撮ってくれた写真。さすが俯瞰の達人!

先日友人の誕生会でフムスを食べてもらったら「今まで食べた中で一番好き!」と言ってくれてすごく嬉しかった!これは「基本のフムス」に今レシピ開発中のカシューチーズソースをブレンドして作ったもの。そのレシピが公開されたらここでも改めて紹介しますね。

それでは、Love xxx

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中